カテゴリー
その他インフォグラフィック

チェルシー監督交代で
出場が増えた選手、
減った選手

ランパード監督からトゥヘル監督に代わり、選手起用がどう変化したのか調べてみました。

チェルシー監督交代 インフォグラフィック  サッカー

ディフェンダーの起用に変化

このインフォグラフィックでは、チェルシーのランパード監督解任前最後の10試合と、トゥヘル監督就任後最初の10試合の選手の出場時間を比べています。上半分が出場時間が増えた選手で、下半分が出場時間が減った選手です。

トゥヘル体制で大きく出場時間を増やしたのが、アスピリクエタ、リュディガー、クリステンセン、ジョルジーニョ、マルコス・アロンソ。ディフェンダーの起用に大きな変化がありました。

出場時間アップ
トゥヘル
最初の10試合
ランパード
最後の10試合
差分
アスピリクエタ900分360分+540分
リュディガー810分270分+540分
クリステンセン594分90分+504分
ジョルジーニョ734分248分+486分
アロンソ478分0分+478分

反対に出場を減らしたのが、チアゴ・シウバ(ケガの影響あり)、プリシッチ、ズマ、チルウェル、エイブラハムでした。

出場時間ダウン
トゥヘル
最初の10試合
ランパード
最後の10試合
差分
エイブラハム123分426分-303分
チルウェル408分820分-412分
ズマ180分630分-450分
プリシッチ202分700分-498分
チアゴ・シウバ216分810分-594分

守備が安定し、ランパード監督解任前のプレミアリーグ10試合が3勝5敗2分・失点13だったのに対し、トゥヘル就任後は10試合で6勝4分・失点2となっています👍


ソース

Chelsea FC(transfermarkt)


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

ミッションは、情報のデザインを通じて、社会の変革を支援すること。専門は、インフォグラフィックのデザイン。


SNSでフォロー


インフォグラフィック活用の
ご相談はこちらへ。