カテゴリー
インフォグラフィック サステナビリティ

2021年
「地球の資源を使い果たした日」
はいつ?

「アース・オーバーシュート・デー」の推移(1970〜2021年)をまとめました。

アース・オーバーシュート・デー 推移 1970〜2021年

アース・オーバーシュート・デーとは

2021年の「アース・オーバーシュート・デー(地球の資源を使い果たした日)」は、7月29日でした。

「アース・オーバーシュート・デー」とは、アメリカの環境シンクタンク「グローバル・フットプリント・ネットワーク」が算出し、発表しているもので、地球が1年間で生産可能な生物資源を人類が使い果たした日のことです。

(地球が生産可能な資源 / 利用)× 365 = アース・オーバーシュート・デー

1970年のオーバーシュートが12月30日だったのに対し、今では7月下旬にまで早まっています。

10年ごと推移
アース・オーバーシュート・デー
197012月30日
198011月4日
199010月10日
20009月22日
20108月6日
20208月22日
20217月29日

2020年、パンデミックで一時的に改善しましたが、2021年は、その前と同じ時期に戻ってしまっています。

「グローバル・フットプリント・ネットワーク」のプレスリリースによれば、アマゾンの森林伐採急増の影響を受けたとのこと。

いまの暮らしに、地球が何個必要か?

2021年のように資源を使い続けた場合、地球が1.7個必要です。

また、世界中の人々が、アメリカ人のような暮らしをした場合、地球は5個、日本人のような暮らしをした場合に、地球は2.9個必要になります。

各国の暮らしを世界中がした場合、地球は何個必要になるか?
必要な地球の数
アメリカ5個
オーストラリア4.6個
ロシア3.4個
フランス2.9個
ドイツ2.9個
日本2.9個
イタリア2.8個
ポルトガル2.8個
スイス2.8個
イギリス2.6個

ソース

How many Earths? How many countries?(Earth Overshoot Day)
Past Earth Overshoot Days(Earth Overshoot Day)
アース・オーバーシュート・デーは知らぬ間に7月29日に戻っている(Earth Overshoot Day)
エコロジカルフットプリント, バイオキャパシティとは(One Planet Alliance)


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

専門は、インフォグラフィックのデザイン。📚著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『たのしいスケッチノート』ほか。


SNSでフォロー