カテゴリー
サステナビリティ

環境に優しい
スニーカーはどれか?

環境に配慮している商品を選びたいという人のためのレビューサイト『Future Proof』が選ぶ、エコ・フレンドリーなスニーカーを紹介します。

環境に優しいスニーカー インフォグラフィック

Future Proofとは?

このインフォグラフィックは、『Future Proof』が2020年7月に公開した記事「The Most Climate-Friendly Sneakers for Summer 2020」掲載のデータをもとに作りました。

『Future Proof』は、環境配慮の視点から商品をレビューするサイトで、ジャーナリストのティム・デ・シャント(Tim De Chant)氏が立ち上げたプロジェクトです。

スニーカー以外に、ラップトップパソコン、テレビ、冷蔵庫、LED、ギフトに関する商品レビューを公開しています。

Future Proof エコ商品レビュー

スニーカーの評価方法

素材や製造時のエネルギー使用量など環境配慮の面と、スニーカー本来の価値である快適さやデザインなど機能面の2つを総合した評価になっています。

環境配慮の評価

1.Eco-Friendly Materials(素材)25点満点
2.Manufacturer Energy Use(エネルギー使用量)20点満点
3.Durability(耐久性)10点満点
4.Recyclability/Waste(リサイクル性・廃棄)10点満点
5.Transparency(透明性)5点満点
6.Packaging(パッケージ)5点満点

機能性の評価

1.Comfort(快適さ)10点満点
2.Versatility(汎用性)10点満点
3.Design(デザイン)10点満点
4.Weight(重さ)5点満点
5.Price(価格)15点満点

これらに対して、メーカーの公開情報、専門家の分析、AmazonやZapposのレビューなどをもとに、『Future Proof』が点数を付けています。

選ばれた10種類のスニーカーのうち、4つがナイキとアディダスのもの。この2大メーカーと並んでリストに名を連ねたのは、オールバーズ(Allbirds)、サオラ(Saola)、ヴェジャ(Veja)、メレル(Merrell)、ニソロ(Nisolo)、スペリー(Sperry)の6ブランドでした。

10スニーカーの中で、最も高得点だったのが、オールバーズの「ツリーランナー」です。環境配慮の面だけだと、ナイキの「スペースヒッピー」が2ポイント上回っていますが、機能面で8ポイント上回り、総合でトップとなりました。

環境配慮 スニーカー オールバーズ ナイキ

なお、持続可能性コンサルティング会社「Quantis」のレポート『Measuring Fashion』(2018年)によれば、温室効果ガス排出の内、フットウエアが占めるのは全体の1.4%とのことです。


ソース

The Most Climate-Friendly Sneakers for Summer 2020(Future Proof)

Measuring Fashion: Insights from the Environmental Impact of the Global Apparel and Footwear Industries(Quantis)


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

ミッションは、情報のデザインを通じて、社会の変革を支援すること。専門は、インフォグラフィックのデザイン。


SNSでフォロー


インフォグラフィック活用の
ご相談はこちらへ。