カテゴリー
サッカー

市場価値の高い
サッカー選手
ランキング
(2020年6月版)

欧州5大リーグに所属するサッカー選手の市場価値ランキングをまとめました。

市場価値の高いサッカー選手

最も市場価値が高いのは、エンバペ

上位半数はプレミア勢

パンデミックによる中断から再開した欧州サッカー。シーズン終了時期がずれて、移籍市場も影響を受けています。

この記事では、移籍に関連する参考データとして、スポーツ研究機関『CIES』のリサーチグループ『CIES Football Observatory』が独自のアルゴリズムで算出したサッカー選手の市場価値(2020年6月版)を見ていきます。

CIESとは
「International Centre for Sports Studies」の略。1995年に国際サッカー連盟(FIFA)とスイスのヌーシャテル州、ヌーシャテル市、ヌーシャテル大学が設立。CIES Football Observatoryは、その中にあるサッカーの統計分析を専門とするリサーチグループで、2005年に設置。

『CIES Football Observatory』の市場価値データの対象は、欧州5大リーグ所属の選手です。まずはじめに、トップ10に名を連ねた選手をまとめました。

市場価値の高いサッカー選手 インフォグラフィック Orwell オーウェル

市場価値トップがエンバベ、2位がスターリング、3位がサラー。上位10人のうち半数をプレミア勢が占めていました。

つづいて、トップ30まで範囲を広げたのが次のグラフです。ここでもプレミア勢が、30人中17人と半数以上でした。

市場価値の高いサッカー選手 トップ30 インフォグラフィック Orwell オーウェル

ここで切り口を変えて、ポジション別に見てみると、フォワードが22人と上位の7割を占めていました。

市場価値の高いサッカー選手 ポジション インフォグラフィック Orwell オーウェル

最後に、各ポジション別に上位3選手を紹介します。

ポジションでこうも違うのかと、今回つくったグラフィックの中では一番インパクトがありました。

市場価値の高いサッカー選手 ポジション別TOP3 インフォグラフィック Orwell オーウェル
算出方法の違い

欧州リーグの再開にあわせて何かサッカー関連のグラフィックをつくろうと思った中で、このデータを見つけました。

独自のアルゴリズムによる算出ゆえに、賛否はありそうで、同じように市場価値を出している『Transfermarkt』のリストと見比べると、違いがあります。

算出方法の違いなので、どちらにも一長一短あるかと思います。



著者

櫻田潤

インフォグラフィック・エディター

情報の理解と伝達にビジュアルを活用することに取り組んでいます。


SNSでフォロー


ビジュアルシンキング・ラボ
メンバーになって
限定情報にアクセス。

noteのコミュニティ機能を使って、会員限定コンテンツ配信を行なっています。会員の方は、制作の舞台裏や、インフォグラフィック事例の解説、日々の気づきなどにアクセスできます。