カテゴリー
参考事例

OECDの
インフォグラフィック活用

OECD(経済開発機構)のインフォグラフィック活用事例を紹介します。

OECD(経済開発機構)は、経済・社会・環境の幅広い分野について、様々なレポートを出しています。その中から、インフォグラフィックを活用している事例を取り上げます。

たとえば、子どもの早期教育についてまとめたレポート『THE FUTURE AT FIVE』(2021年3月公開)は、全7ページにわたってインフォグラフィックを全面的に使っています。

THE FUTURE AT FIVE

OECD 早期教育 インフォグラフィック 1
OECD 早期教育 インフォグラフィック 2
OECD 早期教育 インフォグラフィック 3
OECD 早期教育 インフォグラフィック 4
OECD 早期教育 インフォグラフィック 5
OECD 早期教育 インフォグラフィック 6
OECD 早期教育 インフォグラフィック 7

このレポートには、子どもの家庭環境が学習に与える影響や、子どものデジタル端末の利用状況など、3カ国(アメリカ、イギリス、エストニア)、7,000人の子どもについて、保護者・教師から調査した結果がまとめてあります。

無料レポートは「Issuu」で公開

OECDのレポートは無料で閲覧できるものと、有料のものがあります。無料のレポートは、デジタルコンテンツの配信プラットフォーム「Issuu」で公開されています。

OECD ISSUU

その中から、あと2つ紹介します。

Development Co-operation Report 2020

2020年12月公開の『Development Co-operation Report 2020(開発協力報告書)』にも、インフォグラフィックが使われています。

OECD 開発協力報告書 インフォグラフィック 1
OECD 開発協力報告書 インフォグラフィック 2

2020年版の『開発協力報告書』は、COVID-19の影響に多くが割かれていました。

Accelerating Climate Action

2019年9月公開の『Accelerating Climate Action』では、インフォグラフィックがさらに特徴的な使われ方をしています。要約(in brief)として、言葉とセットで展開しています。

OECD インフォグラフィック 事例 2
OECD インフォグラフィック 事例

文字情報とインフォグラフィックは対立するものではありません。情報を文字で詳しく知りたい人、まずビジュアルで全体を掴みたい人、あるいは両方で補完したい人など、受け手のタイプや内容・シーンによって異なるニーズがあります。

この事例のように、両方を用意して組み合わせて使うのが理想的です。


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

ミッションは、情報のデザインを通じて、社会の変革を支援すること。専門は、インフォグラフィックのデザイン。


SNSでフォロー


「制作の舞台裏」公開。
ジャーナルを
購読しませんか?

noteマガジン『VISUALTHINKING Journal』で、限定コンテンツの配信を行なっています。インフォグラフィック制作の舞台裏や、「サステナビリティ」「デザイン」に関する注目の話題をセレクトしてお届けします。


インフォグラフィック活用の
ご相談はこちらへ。