カテゴリー
カルチャー

お札の肖像史

日本のお札の肖像画には、どんな人が選ばれているか?

2024年発行予定のお札では、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の肖像が使われることになっています。

本格的に肖像が使われ始めたのは明治時代で、1881年(明治14年)の神功皇后が最初でした。

ではその後、日本ではどんな人物が肖像に使われてきたのでしょうか。歴代の人物をまとめました。

日本のお札 肖像史 インフォグラフィック

肖像を使うのはなぜ?

肖像を使う理由

お札に肖像を使う理由は、主に2つあります。

(1)偽造防止

人の顔を見分けることに慣れているため、違和感に気が付きやすい

(2)親近感

よく知られている偉人を採用することで、親しみを感じてもらう

肖像の選定ポイント

  • 極力実在の人物であること
  • 業績があり、知名度も高く、日本を代表する人物であること
  • 国民から尊敬され、親しみやすいこと
  • 人の目を引く特徴のある顔立ちであること
  • 簡単に複製できないこと

他のインフォグラフィックも
あわせてどうぞ


インフォグラフィック制作を
学びませんか?

インフォグラフィック デザインガイド バナー
インフォグラフィック・デザインガイド

インフォグラフィックのデザインを、基本から学ぶ連載企画。連載後、書籍化を予定しています。

たのしいインフォグラフィック入門 試し読み
たのしいインフォグラフィック入門

インフォグラフィック制作を「ピクトグラム」×「図解」で学ぶ、入門書。


インフォグラフィックのソース

日本初の肖像入りのお札 改造紙幣(神功皇后札)1円(お札と切手の博物館)
お金に関する資料(貨幣博物館)
お札に関するよくあるご質問(国立印刷局)
お札の歴史(国立印刷局)
千円紙幣(建部大社)
お金の話あれこれ(日本銀行)


制作

ビジュアルシンキング プロフィール用アイコン
櫻田潤

インフォグラフィック・デザイナー

インフォグラフィック専門のコンテンツレーベル「ビジュアルシンキング」運営。📚著書『たのしいインフォグラフィック入門』

トップに戻る