カテゴリー
インフォグラフィック サステナビリティ

再生可能エネルギー転換が
難しい地域マップ

『RE100 年次レポート2020』をもとに、再エネ転換が困難な地域をマップにしました。

再生可能エネルギー調達が難しい市場 インフォグラフィック

再エネ転換が困難な国、日本

100%再生可能エネルギー導入を推進する企業が参加する「RE100」の年次レポート(2020年版)で日本は再エネ転換が困難な10カ国の一つに挙げられています。

RE100とは

事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることにコミットする国際的に影響力が高い企業の集まり。アップル、ソニー、セブン&アイ、ナイキなど約300社が参加。

RE100参加企業の使用電力の再エネ比率を国別で見ると、日本は14%。調達の難しさと、コストの高さが課題です。

RE100参加企業の再エネ比率
再エネ比率
アルゼンチン2%
オーストラリア13%
中国19%
インドネシア8%
日本14%
ニュージーランド?*
ロシア1%
シンガポール3%
韓国14%
台湾2%
*ニュージーランドは国全体で再エネ比率80%。企業の電力消費をトラッキングするシステムがないことが課題

なお、アメリカ 62%、イギリス 91%、イタリア 68%、カナダ 46%、ドイツ 65%、フランス 63%です。

再エネ比率目標の引き上げを政府に要請

日本企業も現状を良しとしておらず、100%再生可能エネルギー比率を推進する企業は増えています。2021年2月にRE100に参加する日本企業は50社となり、アメリカに次ぐ2番目です。

また、2021年3月24日には、日本で事業を展開する国内外の53社が日本政府に2030年の再エネ比率目標を現目標の22〜24%から50%に引き上げるよう求める書簡を提出しました。

書簡署名企業
RE100 書簡 署名企業 日本
『RE100 53社が日本政府に再エネ導入拡大を求めた書簡』より

書簡では、送電網の整備、売電事業者と需要者が直接売買契約を結ぶPPAを可能にする環境整備など、再エネ拡大のための政策の必要性を伝えています。


ソース

Revealed: the most challenging places in the world for business to source renewable electricity(RE100)
Growing renewable power: Companies seizing leadership opportunities
RE100年次レポート2020を公表:アジア地域が再エネ調達が最も難しい(JCLP)
RE100 53社が​日本政府に向け、再エネ導入拡大を求める書簡を送付しました。(JCLP)
RE100を宣言した日本企業が50社に到達(JCLP)


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

専門は、インフォグラフィックのデザイン。📚著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』他。


SNSでフォロー