ストーリーは新しい石油だ

「DATA IS THE NEW OIL(データは新しい石油だ)」──この言葉をはじめて聞いたのはいつだったろう。はっきり覚えているのは、2010年にTEDで『データ・ビジュアライゼーションの美』を見た時に、このフレーズが出てきたこと。当時は「ビッグデータ」「ビッグデータ」とやたら叫ばれていた頃で、データは巨大な富とパワーをうむ石油にたとえられるようになっていた。

それから8年ほど経って、今度は「人工知能だ」「機械学習だ」と叫ばれる中で、その性能を上げるのにデータがキモになることから、再び「データは石油だ」と耳にする機会が増えた。データが石油だとしたらGoogleやFacebookはさながら石油王で、彼らがこれから世界の覇権を握り続けるのは約束されたことのようにも思える。でも、巨大テック・カンパニーによるデータ寡占に、逆転の余地はないのだろうか。

『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著)に、ホモ・サピエンスをホモ・サピエンスたらしめ、他の動物と違う存在にしたのは、虚構(神話)を創り出す能力だとあった。そうやって生まれた虚構の代表格が聖書で、政治家や起業家が語るビジョンもその一種と言える。大きな虚構によって、大勢が協力する状況が生まれ、人間は力を持つようになった。人間を特徴づける能力が「虚構を生み出す力」「神話、物語を生み出す力」だとしたら、物語(Story)にならば、なにか奇跡を起こす可能性があるかもしれない。聖書レベルの大きな物語でなくとも、いまなら無数の小さな物語が束になって波及することもできるだろう。

「データは新しい石油だ」の言葉のもとでは、テクノロジーに従うほかない。テクノロジーを活用し、従えるには別の旗が必要だ。僕はそれを「STORY IS THE NEW OIL(ストーリーは新しい石油だ)」として掲げたいのである。

メッセージTシャツ

櫻田潤 Tシャツ STORY IS THE NEW OIL

オンライン販売

Coming Soon

店頭販売

青山ブックセンター本店のみで販売を行なっています。販売状況・在庫確認などのお問い合わせは、店舗へお願いします🙌

Follow

櫻田潤 Twitter
櫻田潤 インスタ
櫻田潤 note
櫻田潤 Pinterest
トップに戻る