カテゴリー
サッカー スケッチノート

トッテナムの
気候変動アクション

プレミアリーグ「トッテナム」の気候変動への取り組みをスケッチノートで紹介。

トッテナム 気候変動アクション スケッチノート

世界初、ネット・ゼロの試合

プレミアリーグのトッテナムとスカイは、11月にイギリスで開催予定のCOP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)に先駆けて、気候変動の脅威に対する認識アップや気候変動アクションの啓発を目的に、世界初となる『ネット・ゼロ・カーボン・メジャー・フットボール・マッチ』(#GameZero)を開催しました(2021年9月19日プレミアリーグ第5節チェルシー戦)。

取り組み内容

公共機関の移動を推進

4つの主要な駅からスタジアムまで、「Big Green Coach」(環境に配慮したバスサービス)と連携した無料のシャトルバスを用意。

自転車の利用を推進

180台分の駐輪場を整備。セキュリティポリシーで、ヘルメット、パンク修理器具、取り外し可能なシートなどの自転車備品をスタジアムに持ち込み可に。

植物由来の食べ物を提供

スタジアム内で提供する食べ物は、地元で持続可能な方法で調達。すべての店とプレミアムエリアで植物由来の食べ物の提供オプションを用意。

ゴミのリサイクル推進

クラブは「埋め立て廃棄物ゼロ(Zero Waste to Landfill)」の廃棄物管理プログラムを実施。ゴミ箱に明確なリサイクル指示を記載しているほか、再利用可能なビールカップの計画も進行。

チームはバイオ燃料のバス移動

トッテナム、チェルシーの両クラブは、バイオ燃料を利用したバスでスタジアムまで移動。

選手の給水は紙パック

両チームの選手はペットボトルではなく、トッテナムが用意した紙パックに入った水で給水。

森林の再生支援

炭素吸収源を回復するために、森林の再生を支援。トッテナムとスカイは、2021年後半にスタジアム近くに植林も予定。

プレミアで一番グリーンなクラブ

トッテナムは「Sport Positive Summit」(2021年1月)でプレミアリーグで一番環境に配慮しているクラブに選ばれました。

評価項目
  • クリーン・エネルギー使用
  • エネルギー効率
  • サステナブルな移動手段
  • 使い捨てプラスチック削減
  • ゴミの管理
  • 水資源の効率
  • 植物由来の食べ物の提供
  • コミュニケーションとエンゲージメント

トッテナムの取り組み

スタジアムの脱炭素化
  • 100%再生可能エネルギー使用
  • LEDライト使用
  • エネルギー効率を高めるビル・サービス・システム導入
プラスチック削減
  • 選手が飲む水は、紙パック
  • 食事はリサイクル可能なパッケージと木製のカトラリーで提供
  • ビール樽のキャップをリサイクル
  • ユニフォームにはペットボトルを再利用した100%リサイクルポリエステル素材使用
水の使用量削減
  • 水を使わない小便器
  • 低流量の水道器具
トレーニングセンター周辺のサステナビリティ
  • オーガニックなキッチンガーデン
  • グリーンルーフ、ソーラーパネル、空気源ヒートポンプの整備

ソース

How green are Premier League clubs? Tottenham top sustainability table(BBC)
Game Zero(Sky Zero)
Club and Sky to make Chelsea fixture the world’s first net zero carbon major football match, ahead of COP26(Tottenham Hotspur)


著者

櫻田潤

インフォメーション・デザイナー

インフォグラフィック専門のコンテンツレーベル「ビジュアルシンキング」運営。📚著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『たのしいスケッチノート』ほか。