欧州サッカー、ビジネスの王者はどのチーム?

サッカービジネスに関するデータ分析を行っている「Football Benchmark」が、欧州8カ国のリーグ王者のビジネスを比較したレポート『THE EUROPEAN CHAMPIONS REPORT 2023』を出しました。

今回はそのデータを元に、各チームの営業収益、税引後利益/損失を比べるインフォグラフィックを作りました。

比較対象は、欧州8リーグの21/22シーズン王者です。

  • マンチェスター・シティ(イングランド)
  • レアル・マドリード(スペイン)
  • パリ・サンジェルマン(フランス)
  • バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
  • ACミラン(イタリア)
  • アヤックス(オランダ)
  • ポルト(ポルトガル)
  • トラブゾンスポル(トルコ)

シティが2冠

サッカー欧州リーグ王者 ビジネス比較 インフォグラフィック
サッカー欧州リーグ王者 営業収益比較 インフォグラフィック
サッカー欧州リーグ王者 税引後利益/損失比較 インフォグラフィック
サッカー欧州リーグ王者 人件費比較 インフォグラフィック

資金力の差が顕著

同じリーグのチームではなく、各国のチャンピオンを比較しているところがこのデータの面白いところ。営業収益、人件費(選手・スタッフ)の上位を見ると、イングランド、スペイン、フランス、ドイツが占めており、リーグの資金力の差が現れています。

その中でも、2年連続で営業収益トップとなったのがマンチェスター・シティで、利益もトップと、他チームと比べて堅調さが目立ちます。一方、パリ・サンジェルマンは営業収益こそ、シティ、レアルに続きますが、メッシ、ハキミらを獲得した昨シーズンは人件費が前年比で45%増となり、大きな損失を出しています。

また、営業収益の内訳を見ると、上位2チームは「BROADCASTING(放送)」の割合が大きく、度々話題になるプレミアリーグの放映権高騰が数字に反映されていそうです。

コンテンツを見逃さない

ビジュアルシンキングの新着コンテンツや最新動向、気になった話題をメールでお届けします。

書籍もどうぞ

インフォグラフィック制作ガイド
たのしいインフォグラフィック入門

著者

ビジュアルシンキング プロフィール用アイコン

櫻田潤

インフォグラフィック・デザイナー

インフォグラフィック専門のコンテンツレーベル「ビジュアルシンキング」運営。著書『インフォグラフィック制作ガイド』『たのしいインフォグラフィック入門』


コンテンツのソース

『THE EUROPEAN CHAMPIONS REPORT 2023』 (Football Benchmark)