チェルシー「9番の呪い」は本当か

チェルシーでは長年、9番をつけた選手が成功できないことから「9番の呪い」と言われています。実際のところ、どうなのか歴代9番のプレミアリーグ得点数を調べてみました。

チェルシー 9番の呪い

20年続く呪い

この20年で最も活躍したのは、ジミー・フロイド・ハッセルバインクで、プレミアリーグ得点王をとりました。

ハッセルバインク以降、歴代9番は奮っておらず、クレスポ、トーレス、ファルカオ、モラタ、イグアインといった実績十分の選手が10点取れればいい方。

そんな中、一筋の光となったのが、19/20シーズンのタミー・エイブラハムで、当時監督だったランパードが、補強禁止処分の中でアカデミー出身の若手に出場機会を与え、メイソン・マウントやリース・ジェイムズたちとともにチームの主力に抜擢しました。

このシーズン、エイブラハムは15得点をとり、チェルシーのチャンピオンズ・リーグ出場権獲得に貢献。次のエースと期待されましたが、翌年、監督が代わると出場機会を減らし、セリエAのローマに移籍。

次に9番をつけたルカクも思うような結果が出せず、1年でインテルへローン移籍。続いて18/19シーズンの得点王オーバメヤンが「9番の呪い」に挑みましたが、出場機会に恵まれなかったこともあり、1ゴールしかあげられませんでした。

ニュースレターに登録

インフォグラフィック制作の舞台裏や最新コンテンツの情報をメールでお届けします(無料)。
サンプルを試し読み

こちらもどうぞ

コンテンツ制作

ビジュアルシンキング プロフィール用アイコン

櫻田潤

インフォグラフィック・デザイナー

インフォグラフィック専門のコンテンツレーベル「ビジュアルシンキング」運営。著書『たのしいインフォグラフィック入門』


コンテンツのソース

transfermarkt